ガラパゴスのフルイ機でコンクリートも砕く【細かく砕いて再利用】

繰り返し使えるエネルギー

葉っぱ

国内で作れるエネルギー

再生可能エネルギーとは、繰り返し使っても資源が枯渇しないエネルギーのことをさします。太陽光、風力、地熱、潮力、水力などの自然から得られるエネルギーが代表的なものです。これらから得られるエネルギーはほぼ永続的に得られ、どれだけ使っても枯渇することはまずありません。また、バイオマスなども再生可能エネルギーとして規定されています。バイオマスは生物由来の廃棄物を原料としたエネルギーのことです。自然から得られるわけではないですが、生活する限り必ず生物由来の廃棄物は発生するため、同様に再生可能エネルギーであるとされています。これらのエネルギーは枯渇しないためエネルギーの取り合いなどが発生せず、二酸化炭素などが発生しないため自然環境にも優しいという特徴があります。バイオマス発電はバイオマスやバイオマスから発生するバイオガスを燃やしてエネルギーを得るため、一見二酸化炭素が発生するように見えます。ですが、バイオマスは生物由来であるため、成長する段階で二酸化炭素を吸収してきており、発電の際に二酸化炭素が発生しても総量としては変わらないという風に考えられています。これをカーボンニュートラルといいます。現在の日本は石油や石炭などのエネルギーに依存しており、原料は海外からの輸入に頼っています。再生可能エネルギーを導入するとエネルギーの自活が可能になり、低コスト化にもつながります。こうしたメリットがあるため、国を通じて再生可能エネルギーの導入が進められており、各種補助金が出されたり売電が義務づけられたりしています。