ガラパゴスのフルイ機でコンクリートも砕く【細かく砕いて再利用】

現場で活躍する重機

男の人

作業の効率化に欠かせない

自走式破砕機のガラパゴスとフルイ機という特殊機械のコンビネーションは、建設工事や採石場などといった現場での作業を効率化させるために欠かせないファクターとなっています。ガラパゴスは自走式とあるように、硬い岩やコンクリートを機械内で細かく砕く破砕機に、車輪と操縦席を設けて自走できるようにした製品です。ガラパゴス以外にも自走式破砕機は存在しますが、破砕効率の良さや使い勝手の良さ、そして豊富な稼働実績などから抜群の信頼性を誇り、自走式破砕機の代表的シリーズとして認識されています。破砕機やフルイ機については定置式のものが以前から使用されており、主に土質改良や砕石用途の定置式プラントの一環として利用されています。まずフルイ機に原料を投入して、大きさ毎に仕分けます。工事現場であれば土と瓦礫類、採石場であれば石の大小に振り分けられます。振り分ける大きさについてはフルイ機の種類や、フルイ面の網の大きさによって調節ができます。そしてフルイ面を通過しなかった大きな原料を破砕機にかけて砕く事で、原料を均質な大きさにそろえることが出来ます。ガラパゴスの利点は、この作業を現場で直接行えることにあります。プラントの建設が必要ないだけでなく、運搬コストの削減にも繋がります。ガラパゴス及びフルイ機は効率化を図るのであれば、なるべく自社で保有しておきたいところですが、一時的な使用であればレンタルも可能です。新しい建設機械を導入する余裕がない、保管するスペースが無いという、主に個人経営の建設会社などで重宝されています。特殊機械のレンタル会社でも非常に人気の高い商品であり、商品が入るとすぐに借り手がつくケースが多いです。また本格導入前の試験運用目的でも活用できます。