税理士の仕事内容をわかりやすく解説

税理士のお仕事を分かりやすく解説

様々な税の代理業務

税理士という存在、その職業は言葉として理解している人は多くいるでしょう。でも、具体的にどんな仕事をしているのか、ご存じでしょうか。税に関する仕事なのは分かるけど、具体的なものは、税そのものが難しいから、理解も難しいと感じている方も多いもの。
税理士とは、こうした税のことをよく理解できない私たち納税者に代わって、その納税業務のサポートをしてくれる存在です。
例えば消費税、所得税、相続税など、私たちを取り巻く環境には様々な税金があります。
消費税などは商品を購入する際に発生するものですが、日頃から身近にあり、意識せずとも表示され明示されるため、自ら計算せずとも支払うことが可能です。しかし所得税や相続税はどうでしょう。親族から相続を受けた場合に、相続税はどの位支払うべきか、どういったタイミングでどこに支払うべきか。過去に一度でも経験していた場合には想像もつくでしょう。ところが、初めての経験ならどうでしょう。
このように納税には慣れない、分からないが故に困ってしまう部分は多々あります。しかもそれを放置してしまうと、意図せず納税滞納として不利益処分を得てしまう可能性もあるなど、納税はかなりデリケートな問題です。
こうしたデリケートな問題に対し税のプロとして、その業務を代行し、必要書類を作成し、相談などに応じているのが税理士というお仕事。税理士は私たちにとって税に関して頼れる士業なのです。
そんな税理士のお仕事は、大きく分けて3つの業務内容があります。こちらではそんな税理士の仕事内容をわかりやすくご紹介します。

税理士は身近な頼れる士業

税理士のお仕事の1つである、税務代理についてご紹介します。税務代理とは、簡単にいえば納税の詳しい内容が分からない方のために、その方の代理となってすべき納税の手続きを行うということです。具体的にどのような手続きや方法で代理業務を行うのか、ご紹介します。

税務の書類作成

税理士の仕事内容の2つ目は、税務書類の作成です。税務書類というのは、納税の手続きの際に提出するべき必要書類のこと。単なる申告書だけでなく、その納税を行う際に必要な決算書なども含みます。簡単なように見えて難しい手続きです。具体的にどんな書類を作っているのか、ご紹介します。

税に関する相談も

税理士の大切なお仕事内容の3つ目。それは税務に関する相談の受理です。納税者は税を納める義務を負うのは理解しても、どんな税なのか、またどこにどんなタイミングで支払うべきなのか分からないことが多いもの。税理士のそんな税務相談について詳しくご紹介します。